b型肝炎とエタノールの関係について知っておきたいこと

エタノールは医療現場でもよく使われていますが、お酒の中に含まれているアルコールとしても知られているものです。

除菌用のエタノールは簡単にドラッグストアなどでも手に入れることができるでしょう。近年問題になっているb型肝炎とエタノールはどのような関連性があるのでしょうか。色々な角度から知っておくと役に立ちます。

細菌やウイルスはエタノールで消毒できることが多い

感染予防をしたいと考えるのはもっともなことです。b型肝炎に限らず、細菌やウイルスなどには感染しないで済むならそれに越したことはないと考えるでしょう。消毒用エタノールはその目的で用いられているものです。スプレー式になっていてまな板などに吹きかけてキッチンでサルモネラ菌などの細菌を殺すのにもよく用いられています。

病院に限らず、様々な公共施設で消毒用エタノールが設置されるようになりました。エタノールで手指を洗浄すれば細菌やウイルスが大方除去されてしまいます。これから食事をするときや、食品を購入するときなどには衛生面を考えるとやはりエタノール消毒をしておきたいと考える人も多いでしょう。

細菌やウイルスを殺すのには70%のエタノールが最も良いという知見があります。なぜ70%が良いのかが科学的に解明されているわけではありませんが、その研究成果を受けて一般的な消毒用エタノールは70%になっています。

これを手指に付けたり、道具などに噴霧したりすると大抵の細菌は死滅するか無毒化されるでしょう。しかし、毒素を放出するタイプの細菌の場合にはその毒素は無毒化することはできないのが一般的です。また、細菌やウイルスの中にもエタノールに対して抵抗性を持っているものもいます。

エタノールは万能ではないというのはよく理解しておく必要があります。


b型肝炎はエタノールで拭いただけでは無毒化できない

b型肝炎ウイルスはエタノールに対してある程度の耐性を持っているウイルスの代表例です。過去に行われた実験では、エタノールを噴霧した綿で拭いただけでは完全に滅菌できるわけではないということが示されています。

全く効果がないわけではありませんが、少しエタノールに触れたくらいでは死なない強さを持っているのがb型肝炎ウイルスなのです。

無毒化するためにはエタノールに漬けるくらいのことをしなければなりません。手指の消毒用エタノールを手に刷り込んだくらいではもしかすると全滅させることはできていないかもしれません。もしb型肝炎への感染を懸念しているのなら、エタノールを使っているから大丈夫だとは思わないようにしましょう。

医療現場で感染が広がったのもエタノールで拭き取れば十分だという理解があったからなのも確かです。消毒用エタノールを使い始めると、万能な殺菌力を持っていると思ってしまいがちですが、実は万能ではないのです。

次亜塩素酸ナトリウムを使おう

それではどのようにしてb型肝炎ウイルスは死滅させるのが合理的なのでしょうか。エタノールに漬けておけば確かに死滅しますが、どれだけ時間がかかるかについて具体的な知見があるわけではありません。もっと速やかに殺せないのかと考えたら、次亜塩素酸ナトリウムを使いましょう。

次亜塩素酸ナトリウムとは漂白剤に用いられている成分で、よく塩素が入っていると言われるものは大半が該当しています。鼻にツーンとするような臭いを持っているのが特徴で、その臭いが次亜塩素酸ナトリウム水溶液から少しずつ出てくる塩素系のガスに由来しています。

漂白剤として用いることができるのは、次亜塩素酸ナトリウムが強い酸化力を持っているからです。その酸化力によって様々な色素成分を分解して真っ白にしてしまう性質があります。この作用は様々なものに対して有効で、強い殺菌力も持っているのが特徴です。

b型肝炎ウイルスと言えども次亜塩素酸ナトリウムには太刀打ちできません。少し漂白剤を染み込ませた布で拭き取るだけで十分に死滅させられます。ただし、エタノールのように手指の消毒に使ってはなりません。人の皮膚にも影響があるほど強い酸化力を持っているからです。

ものを消毒したいときには有用ですが、手指などをきれいにしたいというときには使わないようにしましょう。また、錆の原因にもなるので、金属に対して用いたときには速やかに洗い流すことが必要です。色落ちも起こしてしまいやすいので、色がついているものには長時間接触させないようにしましょう。

エタノールを飲んでもb型肝炎は殺せない

b型肝炎ウイルスを吸い込んでしまったとしても、エタノールを飲めば大丈夫だと言ってお酒を飲む人もいるかもしれません。お酒を飲んでいれば風邪を引かないという人もいますが、これは完全な迷信なのでやめておきましょう。

確かにエタノールや70%エタノールを飲んだら口の中や喉に付着しているb型肝炎ウイルスもかなりの割合が死ぬでしょう。

しかし、それほど濃いエタノールでなければあまり効果がありません。日本酒やワイン程度のアルコール濃度では全くと言って良いほど意味がないのです。他の細菌やウイルスに対しても同様で、お酒を飲んでも細菌を死滅させられるわけではありません。

そして、アルコール濃度があまりにも高いものを飲んでしまうと命に関わるリスクもあります。b型肝炎に限らず、細菌やウイルスの感染対策としてお酒を飲むというのはやめておくのが無難です。

感染予防に重要なのはエタノール消毒ではない

それではb型肝炎ウイルスに感染しないためには何をしたら良いのでしょうか。基本的にはb型肝炎は血液に直接ウイルスを入れなければ感染は起こりません。接触しただけでは感染しないので、重要なのは接触した後に傷口に付けないことなのです。

手荒れの多い冬場になるとリスクは高くなりますが、特に手指に怪我もしていないし、口の中などにも傷はないというのならあまり気にする必要はありません。普通に手洗いうがいをして洗い流してしまえば感染するリスクはほとんどないでしょう。

重要なのは傷口を作らないことと、手洗いうがいをして付着したb型肝炎ウイルスを流してしまうことです。エタノールをすり込んでいれば大丈夫と考えると、いつまでも手指にb型肝炎ウイルスが付着したままになってしまう可能性もあります。

基本は洗い流していれば問題ないと考えましょう。それでも心配なら洗った上でエタノール消毒をするのも良いでしょう。

参考リンク「肝炎給付金 ... アディーレ法律事務所」 … http://www.adire-bkan.jp/